料理にワインに競馬に文学。F氏のフランス滞在期


by hiramette

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 ついこないだあった日常のおはなし。

 17区にある自分の家を出て、国立図書館に向かうため、駅に向かって歩いていた時のことです。

 近くを走っていた車がとまり、運転していた綺麗なスーツ姿の人が僕に向かって話しかけて来ました。道を聞かれたのかと思って、窓のほうを覗き込んだところ、いきなり「エイゴシャベレマスカー?」的なことを、言ってきました。
「ワタシイタリア人でーす。英語かイタリア語しかシャヴェレマセーン」

 「はあ、まあ少しなら」と答えると、いきなり話が思わぬ方向に!

 「アナタの身長は何センチ?」

 「は?」

 「1メートル70ぐらいかな?」

 「ま、まあそんなもんですが」

 「ちょうどよかった!」とイタ公。

 ちょうどよくねー。どう考えても怪しい。

 「わたし、ファッション関係のオシゴトしてマース。ここにスーツや、ジャケットや、女性もののスカートなどもありまして、あ、◯◯って知ってる?」とブランド名を言われたけど、コチラは全く存じ上げない名前。

 「とにかくね、これらを、アナタに、プレゼントしようと思っているのでーす!」

 あかん。こいつ絶対あやしい。

 とはいうものの、明らかにこの兄ちゃんはおとぼけ系。旅行者の日本人を狙ったんだろうけど、こっちの方がガンガン仏語で喋っているので、結構向こうも予想外。まあ、詐欺師だからきっとフランス語喋れるんだろうけど。

 無視しようとしたら、いよいよ向こうの作戦開始。

 「じ、実は昨日シャンゼリゼのカジノで、たくさんお金を使ってしまい、一文なしなのデース。ミラノの妻に連絡すると怒られるし。今日はシゴトでニースに行かなきゃ行けないのに、ガソリン代すらありませーン。だから、この服と引き換えに、ガソリン代をアナタから頂けないかと思って。。。」

 はい、よくできました。でも、もう少し上手にだましてね。50ユーロでいいから、という彼に、
「奥さんに正直に言うんですな」
 といじめてやると、

「おーマンマミーア。パウラにだけは言わないでクーダサーイ!貸してくれたら、今度ミラノに来てくれた時にスパゲッティー御ちそうしますからーっ」

 パウラっておっしゃるんですね。ははは。あんたの嫁さんの名前なんか知らんわい。しかもスパゲッティーごちそうって、何と言う紋切り型なお礼。

 「いや、僕学生なんで、お金ないんです、ごめんね。」

 という僕に向こうもすかさず反応。

 「このかっこいい服イラナンデスカ!もったいないなーっ。アナタの今の恰好はカジュアルでーす!」

 「図書館に勉強に行く学生は、そんなにいい恰好はしません」

 「そんなこと言わないで!あなたが僕の立場だったら、どうしますかーっ!困った人は助けなきゃ行けませーン」

 「他の人に聞いて下さい。もっと金持ちそうな人に」

  そう言い残すと、悲しそうな顔をしているイタ公を見向きもせずに、僕は駅に向かったのでした。
  しかし、駅につくなり、そういやニースまでの、ガソリン代っていくらかかるんやろ、と思った僕。何を思ったか、駅の売店のお兄ちゃんに聞いてみたろと思いました。

 僕「すいません、あの、ちょっと聞きたいんですが」

 売店のにいちゃん「何ですか?」

僕「お車お持ちですか」

にいちゃん(怪訝な顔で)「何で?」

僕「いや、ニースまでガソリン代っていくらぐらいかかるのかと思って」

にいちゃん「そんなもん、知りません」

 はい、僕が詐欺師と思われました。どう考えてもにいちゃんにしてみりゃ僕は怪しかったはずです。

 きゃ。

 だからイタ公はいやです。過去3回程行きましたが、サングラスや電子辞書など、小物ばっかり奪っていきます。特にくそったれな街はミラノです。みなさん、ミラノのイタ公には十分ご注意ください。

 ははん。
クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ちなみに、あとでNanetteちゃんにこの話をしたら、実はパリでは有名な詐欺師であることが分かりました。
皆さんも気をつけるか、あるいはこの詐欺師を既知の場合はおちょくるかしてあげて下さい。例えば「そんなに困っているなら、いまこの携帯電話で、近くの警察に連絡してあげるよ。うん、そうだ、それがいい」云々。



 
[PR]
by hiramette | 2009-06-30 01:28 | 日常

パリの魚屋さん

 パリは夏真っ盛りです。日差しがとっても強いのに、冷房がないので家にいるとあつくてあつくてしょうがないです。
 だから、日中は涼しい図書館でお勉強、のはずだったんですが、なんと入館する時に必要なカードをNanetteちゃん家に忘れてしまいました。それで彼女の家に取りに来たのですが、ここに来るまでも、バス30分も待たされてしまいました。今日はついとらん、ということで、急遽Nanette家でのブログ更新に計画を変更!
 たまっていた分書かせて頂きます。
 まずは、パリの魚屋さんから。
 僕は昔、寿司屋さんでバイトをしていたことがあって、パリでもたまに友達とのフェットのときなどに、お寿司を作らせて頂くことがあります。パリの魚は高くて、質の良くないものが多いけど、生でも食べられる質のいい魚屋さんがこちら。

 パリ国際大学都市に住んでいた頃は、ダゲール通りの魚屋に行くことが多かったのですが、今回ご紹介するのは、凱旋門近くのテルヌにあるその支店です。

 お魚だけではなく総菜も充実しています。

 こちらエイヒレのシードルソーズ、ケッパー添えという典型的なノルマンディーの料理。

b0169024_041758.jpg


スズキの夏野菜添えです。ちなみに日本ではスズキは夏が旬の魚です。
b0169024_0434434.jpg


こちらはドラードロワイヤル。黒鯛に似た味です。
b0169024_0454294.jpg


生ガキも売っていますが、夏はやめといた方が良いです。ノルマンディーの方まで足をのばせるなら、ドーヴィルなどで食べるのはいいですね。パリのカキは高いし危険です!旅行の方はご注意を。
b0169024_049541.jpg


魚画像もアップしたかったのに容量が大きすぎたようです。

また次の機会にご紹介させて下さい。


クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-06-30 00:53 | 食材
みなさんお待たせしました!
今日は一年で最も美しい競馬が行われる日です。
その名もディアーヌ賞。フランスオークスです。
3歳の牝馬の頂上決定戦。歴史あるこの賞は、観客が美しい帽子を被り、着飾ってくることで有名な賞です。
ある意味、最もフランス的な競馬と言えるかも知れません。
と言うことで、僕とNanetteちゃんも着飾ってGO!
まずはシャトレ駅のディアーヌ賞のポスターと共に、Nanetteちゃんを撮影。ここ一週間パリ各地でこのポスターを見かけました。
b0169024_633842.jpg


ディアーヌ賞では帽子を被るのが基本。せっかくだから、おしゃれしないと!ということで、新しい帽子を購入したNanetteちゃん。そんなに派手ではないので、ちょっとお出かけする時にも使えそうです。

b0169024_6344383.jpg


シャンティー駅に着くと、すごい人。やっぱりこの日ならではの服装が目立ちます。

b0169024_6352665.jpg


メインのディアーヌ賞は第四レース。こちら、ブフ騎手のデノミナシオンちゃん。

b0169024_6365274.jpg


結果ルメさん騎乗の、断然一番人気だったスタセリータちゃんが優勝。おめでとうクリストフ!
この馬は今まで負けなしです(5戦5勝)。多分秋あたりのヴェルメイユ賞でまたお目見えすることになるでしょう。

b0169024_6375659.jpg


2着はイオリッツ メンディザバル騎手のタマジルトちゃん。こちらも2番人気でした。フランス1000ギニー組です。

b0169024_639330.jpg


オリビエのプリュマニアちゃんは3着。でも本当に素晴らしい競馬をしてくれました。直線で大きく伸びて3着。馬の一番良いところを引き出した騎乗でした。よくやったオリビエ。

b0169024_6394898.jpg


シャンティイー競馬場のコースの内側には、綺麗な木があって、心を和ませてくれます。日本のような郊外とか、都会の喧噪から離れたところにあるフランスの競馬場は、いつでも不思議な、懐かしい時間をくれます。自然にエネルギーをもらうような、そんな感覚。これがフランス競馬の醍醐味の一つと言っても過言ではありません。

b0169024_6402113.jpg


さいごに、Nanetteちゃんの日傘写真を。彼女はアンチ日焼け派ですが、パリの人々が日傘をささないので、日常は抵抗があった模様。しかし、半コスプレ大会のディアーヌ賞ではお構いなしなのです。むしろたくさんの人に写真を撮ってもらいご満悦なのでした。

 やっぱり、ディアーヌ賞は女性が主役でなくちゃね!

 ははん!

b0169024_6414777.jpg


クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-06-15 07:12 | 競馬
 しばらくですね。みなさんお元気ですか?

 つい先日ジャンポールガロリーニ厩舎にお邪魔してきました。

 リメンバーローズちゃんの御祝いにいったはずでしたが、逆にご馳走になってしまいました。

 詳しくはNanetteちゃんが大変上手に、詳しく説明してくれているので、そちらをご覧くださいね。

 patati et patata !というブログです。応援クックリお願いします!

 さて、F氏の方は、待ちに待ったフランスダービー、ジョッケクラブのお話です。

行きの電車の中。雲が馬の形に見えました。見えない人には、全然そう見えないだろうけど(笑)。胸が高鳴ります。

b0169024_873767.jpg


シャンティイー行きの電車は綺麗です。

b0169024_881484.jpg


座席もゆったりです。

b0169024_885765.jpg


シェンティイー駅に着きました。

b0169024_892537.jpg


駅から歩いて競馬場に向かうと馬の形をした標識が見えます。この街ならではですね。

b0169024_895082.jpg


森の道を通り抜けて競馬場へ!

b0169024_8102688.jpg


なんと、ターフを抜けて。競馬場にたどり着くのです。

b0169024_8112055.jpg


ピクニックをしてる人もいますよ。和やかな雰囲気はフランスならではです。

b0169024_8115082.jpg


シャンティイー競馬場のメインスタンド。意外と小さいです。

b0169024_8121515.jpg


コチラは馬主、調教師用の席。

b0169024_813576.jpg


これは、来週のフランスオークスディアーヌ賞のポスター。センスありますね!

b0169024_8133528.jpg


この競馬場名物のアイスクリーム。

b0169024_8141378.jpg


シャンパンのバーもあります。

b0169024_8144554.jpg


さあ、いよいよレースが始まりました!綺麗でしょ?

b0169024_8152768.jpg


パドックは2007年に改装されました。綺麗です。

b0169024_8155451.jpg


最後の直線を内側から。ジョッキー目線です。

b0169024_8165256.jpg


当日は雰囲気も最高。例えば弦楽四重奏。

b0169024_8174015.jpg


そんな中行われる競馬。写真はメンディザバル騎手と気が立った牝馬ちゃん。

b0169024_8192656.jpg


そういえば、2008年版の、ディアーヌ賞のポスターも見つけました。来週のレースの宣伝を今週しておくというフランスギャロの作戦です。

b0169024_8201615.jpg


そんな折、びっくりしたことに、3メートルぐらいの超至近距離に、ムルタ騎手と、オブライアン調教師が。すげ。

b0169024_8205865.jpg


いよいよ、胸が高鳴るメインレース、ジョッケクラブ賞へ。

b0169024_8213076.jpg


シルバーフロストちゃんのパドック。けっこう荒れ気味でした。むむうう。

b0169024_822047.jpg


こちらブフ騎手騎乗のフュイッセちゃん。

b0169024_8232062.jpg


ムルタ騎手は、フランス2000ギニー三着のウエストファリアちゃんに騎乗です。
晴れていた天気が、急な雨。少し不安になって来ました。

b0169024_8235821.jpg


残念ながら、一番人気におされたオリビエのシルバーフロストちゃんは6着でした。勝ったのはなんとルメさん。
ルアーブルちゃんでした。おめでとう、クリストフ!かなりの至近距離から激写。玄米茶さんへのサービスショットです。ちなみにNanetteちゃんのブログにもメゾンラフィットのルメさんがいます。よければご覧くださいね。

b0169024_8243348.jpg


ジョッケクラブ賞のあとはウソのように晴れました。

b0169024_8251922.jpg


帰り道。来週のディアーヌ賞はいよいよNanetteちゃんとコンビで思いきりおしゃれしていきますよ!
誰が勝つんでしょうか?今から楽しみです!

b0169024_8255134.jpg


クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-06-09 08:52 | 競馬

みんな、ただいま!

 こんにちは。お久しぶりのF氏です。

 いやあ、更新が遅れてしまって申し訳ありませんでした。

 5月23日に学会が終わり、双子の兄貴の淳平ちゃんにも会い、フランスでの親友で、現在は東京にお住まいのKさんとの居酒屋バトルも終了して、ほっと一息のところだったのですが。。。

 ハウスダスト!

 僕は、もともと極度のアレルギー体質で、日本に帰る度にやられていたんですが、今回はそうでもなくて、気を抜いていました。ところが。

 くしゅんくしゅん、もうとまりません。フランスに帰ってからも結構ひどいのが続いて、更新もままならなかったのです。ごめんなさい。

 とはいいつつ、久し振りの日本、随分楽しませて頂きましたよ。久し振りにおばあちゃんにも、両親にも、べるちゃんにも逢えたし、京都ではNanetteちゃんにも逢えたしね。Nanetteちゃんの師匠のN先生にも地下鉄四条駅で会えたし(笑)。いやあ、実に楽しい日本滞在でした。

 コチラは、帰国当日のべるちゃん。どうもありがとう!

b0169024_5423097.jpg
b0169024_542555.jpg
b0169024_5432766.jpg
b0169024_5435070.jpg


という訳で、現在無事パリです。パリのみんな、また遊んでね!

 しかし、ホコリというか、なんか鼻がくしゃんくしゃん言うてたまったもんじゃありません。フランスでこのような事態に出くわしたこともないので、多少困惑気味です。

 にもかかわらず! 早速競馬場に足を運んで来ました。日本滞在中も、京都で天皇賞、府中でオークスを見ましたが、やっぱりフランスの競馬はのどかで最高です。オリビエも、ルメさんも、おお、久し振り、元気だった、と声をかけてくれて、ああ帰ってきたなとほっとしたのでした。フランスの雰囲気、やっぱり大好きです。

 
b0169024_5512724.jpg
b0169024_5515522.jpg


あとすごかったのは、我が友ジャンポールガロリーニ厩舎のリメンバーローズちゃん。なんとパリ大障害を勝ってしまいました。フランス1大きな障害のレースです。すばらしい!本当におめでとうジャンポール!明後日ぐらいに彼のうちに行く予定です。

 ところで、ここから笑い話。

 実は長年フランスに住んでることから、結構しゃれにならない悪癖ができてしまったのです。

 それは、フランスで日本語を堂々と話してしまうというもの。どうせわからんやろから、かまへんやんと言う訳です。

 たとえば、どっかの店に行ったとき、値段を見て「たかっ」と叫ぶ。

 電化製品の店にいって、ソニーやシャープなど日本製品ばかり並んでいるのを見て、

 「勝った」

 とつぶやく。当たり前のようにやっていました。

 ところが。。。

 先日、久し振りに日本に帰って同じことをするという大失態をしでかしました。

 場所は五月初めの四条大橋。

 弁慶と見間違える程の大きな女性が僕の前を通り過ぎました。

 しかし、彼女の服装、どう見ても見てくれと言わんばかりのセクシー路線。いや、それを通り越して、胸近辺はポルノ寸前です。

 そこで、僕の悪癖が出てしまいました。ふだんフランス人に向かってどうせわからんやろ、と言う感じでいっていたので、自然に口からでてしまったのです。

 「ねえちゃん、ほとんど見えとるやないか」

 実はその人の横には、彼が!まるで牛若丸のように、ひらりと振り向き、思い切りにらまれました。きゃ。

 いやはや、この悪癖どうにかしたいもんです。

 ちなみに、Nanetteちゃんのブログでは、僕がフランスで女の人に良く間違われるというのが紹介されているのでご存知の人もおおいかと思いますが、昨日サンクルー競馬場のトイレでも。

 「あ。すいませんマダム」

 と、おばさんに言われたので、

「いえいえ」

 と男声で返事したにも関わらず、また

 「マダムごめんなさい」

 なんぼほど間違えるんやと思ったら、トイレを出てから驚愕の事実。

 僕がいたのは、女子トイレでした。

 競馬場に女の人なんて少ないので、ついついうっかり、、、

 ってほんとすいません。

 きゃきゃ。

 これからもフランスからのブログをお楽しみに!

クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-06-03 06:10 | 日常