料理にワインに競馬に文学。F氏のフランス滞在期


by hiramette

<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

プルーストのマドレーヌ

 20世紀フランス文学を代表するプルーストの小説『失われた時を求めて』のなかのお話。

 主人公がマドレーヌを食べた瞬間、幼少期の風景がよみがえり、ティーカップからコンブレーの町が鮮明に立ち現れます。美しい場面です。

b0169024_0205878.jpg


 誰にでも、これを食べたら、小さいころの景色思い出すなあ、という懐かしい食べ物があるでしょう。味ではなくても、音楽でも、匂いでも。人生の、ある瞬間の風景が、味覚や嗅覚、聴覚をきっかけに、ふと蘇ることがあります。

 僕にとっての「プルーストのマドレーヌ」は、おばあちゃんの手料理です。僕は双子で、母は生後体が小さかった兄に手を焼いていたので、自然と僕はおばあちゃんによく遊んでもらいました。中学になっても高校になっても、おばあちゃんの手料理が食べたくなって、よく2キロほど離れたおばあちゃんの家に自転車をこいで行ったものです。

 フランスに住んでる今でも、それは変わりません。奈良に帰ったら、おばあちゃんの料理を絶対一度は食べにいきます。それで、懐かしい味と、風景を思い出し、ほっと一息。ああ、ふるさとに帰ってきたと実感するのです。

 ということで、3つ星料理店を上回る、おばあちゃんの料理を一挙公開!昨日の晩ご飯の様子です。

 まずは玉子焼き。これがないと始まりませんね。

b0169024_2230389.jpg


次はきんぴらごぼう。少し豚肉が入っているのがおばあちゃん風なのです。

b0169024_22312473.jpg


そして世界一おいしい煮物です!まいたけと鶏肉がよく入ります。

b0169024_22314947.jpg


大根とにんじんの紅白なます。甘酢がさっぱり。食欲をそそります。

b0169024_2232846.jpg


ほうれん草のおひたし。

b0169024_22323225.jpg


鮎の塩焼き。海なし県の奈良には貴重なお魚なのです。吉野川の流れ音が聞こえてきそうです。

b0169024_2232479.jpg


たこの酢の物。僕は酢の物が大好きです。

b0169024_22331161.jpg


おばあちゃんとお父さん。前も書いたけどおばあちゃんはもう90歳。でもまだ90歳と言えるぐらい元気で、本当に何よりです。とにかく、いつまでも元気でいてほしいです。

b0169024_22332824.jpg


相当髪の毛が伸びました。えへ。

b0169024_22334188.jpg


ということで、今日髪の毛切ってもらってきました!美容師さんに東京で学会に出るから、まじめな感じに、と話すと「東京もんには負けんようにがんばってきてください」と応援していただきました。むむう、典型的な関西人やな。

b0169024_22342457.jpg


昨日はこんな感じで寝ました。くったくった。家庭の味っていいですね。

b0169024_22572315.jpg


ちなみに、こちらはおまけ写真。おばあちゃんが作ったものではないけどね。パリ在住のランボー研究者をはじめお友達のみなさん。ええやろ。うらやましいやろ。すいません。

b0169024_22574754.jpg


クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-05-17 22:59 | 文学
 眠れない夜、君のせいだよ♪

 さっき話しーた、ばかりなのに♪

 長い耳 for you 寝かせてる for you♪

b0169024_23332146.jpg


 人の布団にもぐった、もぐっちゃったよー♪あーあああ♪

b0169024_23335598.jpg


 迷惑なべる♪

b0169024_23341754.jpg


 寝てるべる♪

b0169024_23343414.jpg


 起こすとおーこーるー。うーうって唸るのが、あー理不尽♪

b0169024_23345492.jpg


 迷惑なべる♪エゴイズム♪

b0169024_23351699.jpg


 自分が一番♪F氏が二番、おとんとおーかーん三番あーらーそい♪

b0169024_2336366.jpg


 涙が出ちゃう、男のくーせに、べるのせーい♪

 
 実家を離れて、ずいぶん経つので自分の部屋がなく、お仏壇のある部屋で寝ているのですが、愛犬べる嬢が勝手に布団の中に入ってきます。しかも寝返りをうって、少しでも体に触れた日には、思い切り歯をむき出しにして噛み付いてきます。つまり、


 睡眠すいみんすいみんすいみんすいみんぶーそくー♪

 です。


 それでも、


 「あんたあたし寝てんのになにじゃましとるんや!ぎゃるぎゃるがっふりゃふりゃ(以下不明)」

 
 と飼い主である私に向かって、憤怒いたします。

 
 ああ、ふるさとは遠きにありて、おもふもの。

 
 そのように思った私、今日は実家をしばし離れ、京都で鍼をしていただいてきました。
 Nanetteちゃんにも数日振りに会えてとってもうれしかったです♪


 ああ、Nanetteにゃ京都に行くと、会えるもの



途中よった「喫茶デリカ」のケーキでNanetteちゃんとほっと一息。

 
 はい、ひい、ひい、ふう。

 
 あ、それは違う呼吸でした。

 きゃ。

b0169024_23365275.jpg


クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-05-12 23:51 | べる

母の日、べるの日

 今日は母の日でした。

 でもその前にべるの日。というのも、ここ数日雨続きだったので、まともにお散歩にもつれて行ってあげられなかったのです。親父と近所の中央公園に向かいました。今日は本当に暑くて、夏のようでした。

到着後、とりあえず草を噛むべる嬢。

b0169024_21584355.jpg


親父と歩く、つつじの並木です。きれいでしょ?

b0169024_21591639.jpg


歩いていると、モグラの穴を発見しました。べるちゃんはジャックラッセルという犬種。もともときつねを捕まえるために作られた品種なので、穴を掘るのは得意です。

b0169024_220133.jpg



中央公園の全景です。田舎でしょ?

b0169024_221053.jpg


夜はF氏がおとどけする、母の日フルコース。まずはエデンのミートソース。詳しい作り方は、Nanetteちゃんのブログpatati et patata のレシピのところに載っています。

b0169024_2211817.jpg


こちら、アサリとえびのトマトソーススパゲッティー、バジル風味。

b0169024_2213885.jpg


軽く焼いた食パンに、お土産のフォワグラを塗りました。おいしいです。

b0169024_2215689.jpg


サラダも作りました。ドレッシングはバルサミコ、オリーブオイルと粒マスタードベースです。
飲み物には、お祝い用にと買ってきたシャンパーニュ、Deutzにしました。最初の酸味が爽快で、さいごの甘みがふくよかな、極上のシャンパーニュです。おすすめです。

b0169024_2221990.jpg


そして今夜の主役たち。まずはおかん。シャンパンを飲んで上機嫌でした。

b0169024_2223785.jpg


そしておばあちゃん!僕にとっては母親のような存在です。今年90歳です。ずっと長生きして、最低100歳まではいってくださいね。

b0169024_2225166.jpg


おまけのべるちゃん。フォワグラをパンに塗って少しあげようとしたら、自分のえさをとられると勘違いして、噛み付きました。ぎゃ。

b0169024_223619.jpg


ともあれ、とても陽気で、素敵な一日でした。明日からまた研究がんばります!

クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-05-10 23:04 | べる

オレください!

 奈良は雨です。しっとり降ってます。このじめじめ感はやっぱり日本特有どす。

 今日は昼から近所の図書館でお勉強。でも外国文学の翻訳なんてほとんどなくて、むむうとうなってしまった次第です。

 僕はランボーという19世紀の詩人が専門なんですが、そういってもシルベスタ・スタローンサンと間違えられ、多くの方々の脳裏にはずいぶん筋肉質な詩人像が描かれていることでしょう。きゃ。

 またまたおかしなフランス語シリーズですが、最近兄の奥さんの妹さんが結婚することになったそうでおめでたい限りです。ところが、その人はどういうお仕事をされているの?という話になったとき、おかんが言った一言。

「シェフ」

 なんのやねん!そうフランス語で[chef]と言ってもそれは「長(トップに立つ責任者)」を意味するだけで、必ずしも料理長ではないんです。しかも、日本では料理人全員に「シェフ」という傾向にあります。全員料理長(シェフ)ということになったらそれはもう指図の出し合いになるわけで、チームワークのかけらもない調理場が容易に想像される次第です。アナーキーです。

 シェフA「おい、そこの野菜きっといて」

 シェフB「なんでオレがそんなことしやなあかんねん、お前やれや」

 シェフC「いやんわ」

 てな具合です。おおこわ。シェフは一人で十分ですね。

 あともうひとつ、こないだ喫茶店に行ったら、あるおっちゃんのお客さんがおばさんにこういっていました。

 「オレたのむわ」

 この場合カフェオレのことなんでしょうが、au lait だけだと「牛乳を混ぜたもの」の意味。いわば、

 「牛乳割りたのむわ」

 と言っていたに過ぎないのです。何のやねん。焼酎の牛乳割りが出てきても決して文句はいえません。

 と言うことでこのブログを読んでくださった方は、以下の台詞だけは避けましょう。

 「シェフ!オレ一杯たのんますわ」

 きゃ。





クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-05-07 23:45 | フランス語

天皇賞 春

みなさんこんにちは。

5月3日は久しぶりに京都競馬場に行ってきました。日本の競馬は約2年ぶりです。

当日のメインレースはみなさんご存知のように天皇賞・春!ものすごい人の数に圧倒されてしまいました。
8万人も来たそうです。この数は、フランスではありえません。ここがのどかなフランス競馬との決定的な違いです。

当日は主にパドックでお馬さんたちの様子を観察。フランスの馬に比べて、きれいに体を磨かれていて、大事に扱われている印象がありますね。あと、メンコとかブリンカーもいろんな色や形があって面白いです。フランスではG1級の馬が、このような馬具をつけることは稀です。

あと決定的に違うのが出走する馬の数。ハンティキャップ戦ならともかく、G1で18頭も出走することはまずありません。いいとこ10頭前後です。位置取りや展開の読みが難しいなと思いました。

今日はパドックの写真を何枚かご紹介します。

一番人気に推されていたアサクサキングスちゃん。僕もこの馬できまりだと思っていましたが、残念でしたね。

b0169024_731326.jpg


モンテクリスエスちゃんも馬群に沈みました。それにしてもなぜここまで人気がでたのかわかりません。騎手がYT(以下焼き鳥さんと省略)さんだからでしょうか?

b0169024_7417100.jpg


こちら3着に健闘したドリームジャーニー。小さいのにがんばりやさんです。3200メートルは決して楽じゃないはずなのに、見事こなしてくれました。体調さえ問題なければ、宝塚記念もきっといい成績を残してくれるでしょう。

b0169024_743651.jpg


その他のお馬ちゃんのパドックでの様子です。

b0169024_75081.jpg


b0169024_753635.jpg


b0169024_755361.jpg


そして、見事勝ったマイネルキッツちゃん。

日経賞がアルナスラインちゃんの2着だったので、ありえなくはないとは思いましたが、それにしても荒れますね春天。

b0169024_762755.jpg


気づいたフランス競馬との相違点は主に2つ。

ひとつは、戦術。フランスは必ずゆっくりスタートでダンゴになって進んでいくけど、日本はスタートから先行馬を追い出し、ポジション取りがはっきりしていると思いました。スタート直後に鞭なんて絶対使いませんからね。フランスでは。

あと、もうひとつは芝の質。乾いてて硬そうでした。フランスの芝はもっと葉が太く、長く、土も柔らかいです。スピードは出ないけれど、パワーが必要です。あと、馬の足にそんなに激しい負担がかからなさそう。日本の競馬場は、内側がかなり荒れているんじゃないかと思いました。

ターフヴィジョンで新潟競馬場の様子を見ましたが、テレビで見ても相当荒れているのがわかりました。気候環境が違うけれど、やはり芝の管理は大事ですね。馬の怪我だけは見たくありません。

今週の土曜日は京都新聞杯です。ちょうど京都に行く用事があるので、ちらっと見に行くかもしれません。

クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-05-05 07:43 | 競馬

こんばんわん、奈良

 
b0169024_18171060.jpg


みなさん、お久しぶりです。いつの間にか、日本に帰ってきていたF氏です。

5月末に東京で開催される仏文学会で発表するために、早めに帰国して、今は両親宅のある奈良です。

 奈良は奈良でも相当ど田舎で、何にもないとこです。飛鳥とか吉野に近いところなので。

 さてさて、2年ぶりぐらいの日本で、すごくうれしいことのひとつは、愛犬べるちゃんに会えたこと!

 フランスで飼っていたのを2007年の夏に連れ帰り、それ以後は主に母に飼われています。

 ちなみに、僕が好きなレストランa cote の横のワイン屋さんの犬もベルちゃんでしたね。
 そのべるちゃんにもしばしお別れの挨拶をしてきました。

 うちのべるちゃんは、最初は「だあれ」という感じでしたが、声を聞いたらすぐ反応。お父さんだと気づいてくれました。

 それからは、もうしつこいぐらいずっと僕の横にいます。さすが犬。しつこい僕が言うのもなんだけど、並みのしつこさじゃありません。あそぼ、あそぼ、あそぼ、あーそぼ、あそぼー、あっそぼー。あーそーぼーっという感じ。すげ。

 やることもあるのに、仕方なくハーネスをつけてあげようとしたら、大興奮。

 「散歩につれってくれることに対して、前もってありがとう」という感じ。

 さすがはフランス生まれです。

 そこで、おかん登場。

 「ああ、べるちゃん、わっぱしてもろてお散歩にいくんやな」

 おかん、「わっぱ」って... それは業界用語で言うところの「手錠」です。

 散歩から帰ってきても、

 「わっぱはずしたるな」
 
 べる、釈放された犯罪者扱い。

 「いやいやおかん、それはハーネスっていうんやよ」

 するとおかん、

 「そうか、ほんならべるちゃんハーレムはずしたるわな」

 もう言葉の訂正は

 しないことにします。

 きゃ。

 
b0169024_18172944.jpg



クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-05-01 16:28 | べる