料理にワインに競馬に文学。F氏のフランス滞在期


by hiramette

カテゴリ:日常( 18 )

The house of Mickey Mouse.

 Nanetteちゃんが学会のために、日本に一ヶ月ほど帰ってしまいました。

 一緒にごはん作ったり、勉強したり、こちらからしつこく話しかけたりしてきたので、いなくなるとさみしいです。とはいいつつも、学会でかえったのだから、大いなる成功をパリから祈るばかりです。

 月曜日の飛行機で帰る際、空港まで見送りに行ってきました。エールフランス機の乗り場が変更したりして、多少ややこしかったのですが、無事見送ることができました。

 さてさて、帰りはRERという鉄道で、自分の家に帰ろうと思い、自動販売機できっぷを購入することに。

 すると、前にいるスーツケースを持った子供連れのおばさんが、機械相手に悪戦苦闘している模様。

 流暢な英語で話しているので、英米系であることは間違いなさそう。

 僕、大して英語はしゃべれませんが、きっぷ購入のお手伝いをしてあげることにしました。

 「あの、どちらまでいかれるんですか?」

 「おお、サンキュー、手伝ってくれるのね」

 そういって、彼女はパリ近郊の地図を取り出し、指をさしました。

 Marne la vallée

 そこは、フランス・ディズニーランドがあるところ。なるほど、確かにパリまでのチケットは購入しやすいけど、郊外の切符は買いにくい自動販売機なのです。

 行き先を確かめようと僕、

 「Disneyland?」

 と聞いてみたものの、いつものフランス語なまりが出てしまって、「ディズネラン?」と聞いてしまいました。不思議そうな顔をするおばちゃん。焦る僕。指をくわえる子供たち。。。

 い、いかん通じてない、そう思った僕は次の瞬間、次のような中学英語を使っていました。

 「The house of Mickey Mouse ?」

すると、おばちゃんの顔が明るくなり、

 「イエーーーーーーーース」

 つ、通じた。

 ここから、シャトレというパリの駅までいって、そこで乗り換えですよ、と乗り換え案内もしてあげました。

 かくして、無事切符を購入し、去っていた母子。いや、ええことしたな、ははん、と思ったのだけど、 よく考えたら、この人たちはフランス共和国に着いたばかりだというのに、早くもこの空港からわざわざパリの中心を電車で素通りして、東の郊外にある「夢の国」へと向かわれるのです。

 英の方か、米の方か存じ上げませんが、せっかくパリに来たのに、エッフェル塔も凱旋門もすっとばして、ミッキーに会いにいくんかい、おばちゃん、とつっこんでしまったF氏なのでした。

 ちなみに、Mickeyをフランス語で発音すると「ミケ」になります。ネズ公なのに、天敵の猫ちゃんのような名前。きっと、このおばちゃんたちは、仏人の学童たちにミケ呼ばわりされてるミッキーをみて、驚愕することでしょう。

 みけけ。

 クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
 

 
[PR]
by hiramette | 2009-07-09 03:43 | 日常

りんご!

パリ、しゃれにならない暑さです。

家にいるだけで汗がだらだらだらだら。おかげで、こちらの動きも鈍っております。
しかも、パリは冷房がない。暑くて暑くてしかたありません。

だがしかあし!そんな灼熱地獄のパリにもオアシスのような場所が。

それが国立図書館(通称BN)

本を保存するためなんか、来場者のためか知らんけど、冷房が効いているので日中はここにいるのがいちばん。
勉強しない日でも、昼寝にいきたいぐらいです。

最近はNanetteちゃんが大忙し。もう少しで別の学会のために日本に一時帰国するので、その原稿を準備中なのです。

本人も疲れているらしく、それでも自分の決めたことをしっかり遂行しようと、ノーメイクでフラフラになりながら登場します。

お昼ご飯を食べた後、図書館内のカフェにいくと、急に「りんごがたべたい」とのこと。
ところが、38サンチーム(50円)しか、お財布にないと言うじゃあありませんか。
おお、なんと不憫なとおもったF氏は林檎一個(約120円)を買ってあげることにしました。

b0169024_6395672.jpg


しかし。食べにくそう。

b0169024_6513599.jpg


か、硬い。

b0169024_652429.jpg


仮にNanetteちゃんの後ろに写った、たまたま服装がボーダーでかぶっている、フランス人のおねえさんが同じりんごを食べた場合は、間違いなく皮なんて剥かずに、直接がぶり。それでニコニコしてこう言います。

皮もうまかぶぁい(想像)。

日本人でりんごの「ふじ」を、丸かじりしてる人なんていませんね。いたらかなりワイルドです。心の友になりたいです。

そんな訳で、顎がはずれそう、と言う理由で、林檎まるかじりを断念したNanetteちゃん。結局僕の手に戻って来ました。
結構腹一杯でしたが、せっかくなのでいただくことに。

ふはは、こんなもんちょろいわ。

b0169024_6561469.jpg


ワイルドにがぶり。

b0169024_6575512.jpg


調子に乗り過ぎて、噛んだ後の林檎に血がにじんでいました。

歯槽膿漏には気をつけたいと思います。

連日のブログ更新でネタが尽きて来たと思うあなたも
クックリお願いします。ブレイクの予感です。

クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-07-03 07:00 | 日常
 ついこないだあった日常のおはなし。

 17区にある自分の家を出て、国立図書館に向かうため、駅に向かって歩いていた時のことです。

 近くを走っていた車がとまり、運転していた綺麗なスーツ姿の人が僕に向かって話しかけて来ました。道を聞かれたのかと思って、窓のほうを覗き込んだところ、いきなり「エイゴシャベレマスカー?」的なことを、言ってきました。
「ワタシイタリア人でーす。英語かイタリア語しかシャヴェレマセーン」

 「はあ、まあ少しなら」と答えると、いきなり話が思わぬ方向に!

 「アナタの身長は何センチ?」

 「は?」

 「1メートル70ぐらいかな?」

 「ま、まあそんなもんですが」

 「ちょうどよかった!」とイタ公。

 ちょうどよくねー。どう考えても怪しい。

 「わたし、ファッション関係のオシゴトしてマース。ここにスーツや、ジャケットや、女性もののスカートなどもありまして、あ、◯◯って知ってる?」とブランド名を言われたけど、コチラは全く存じ上げない名前。

 「とにかくね、これらを、アナタに、プレゼントしようと思っているのでーす!」

 あかん。こいつ絶対あやしい。

 とはいうものの、明らかにこの兄ちゃんはおとぼけ系。旅行者の日本人を狙ったんだろうけど、こっちの方がガンガン仏語で喋っているので、結構向こうも予想外。まあ、詐欺師だからきっとフランス語喋れるんだろうけど。

 無視しようとしたら、いよいよ向こうの作戦開始。

 「じ、実は昨日シャンゼリゼのカジノで、たくさんお金を使ってしまい、一文なしなのデース。ミラノの妻に連絡すると怒られるし。今日はシゴトでニースに行かなきゃ行けないのに、ガソリン代すらありませーン。だから、この服と引き換えに、ガソリン代をアナタから頂けないかと思って。。。」

 はい、よくできました。でも、もう少し上手にだましてね。50ユーロでいいから、という彼に、
「奥さんに正直に言うんですな」
 といじめてやると、

「おーマンマミーア。パウラにだけは言わないでクーダサーイ!貸してくれたら、今度ミラノに来てくれた時にスパゲッティー御ちそうしますからーっ」

 パウラっておっしゃるんですね。ははは。あんたの嫁さんの名前なんか知らんわい。しかもスパゲッティーごちそうって、何と言う紋切り型なお礼。

 「いや、僕学生なんで、お金ないんです、ごめんね。」

 という僕に向こうもすかさず反応。

 「このかっこいい服イラナンデスカ!もったいないなーっ。アナタの今の恰好はカジュアルでーす!」

 「図書館に勉強に行く学生は、そんなにいい恰好はしません」

 「そんなこと言わないで!あなたが僕の立場だったら、どうしますかーっ!困った人は助けなきゃ行けませーン」

 「他の人に聞いて下さい。もっと金持ちそうな人に」

  そう言い残すと、悲しそうな顔をしているイタ公を見向きもせずに、僕は駅に向かったのでした。
  しかし、駅につくなり、そういやニースまでの、ガソリン代っていくらかかるんやろ、と思った僕。何を思ったか、駅の売店のお兄ちゃんに聞いてみたろと思いました。

 僕「すいません、あの、ちょっと聞きたいんですが」

 売店のにいちゃん「何ですか?」

僕「お車お持ちですか」

にいちゃん(怪訝な顔で)「何で?」

僕「いや、ニースまでガソリン代っていくらぐらいかかるのかと思って」

にいちゃん「そんなもん、知りません」

 はい、僕が詐欺師と思われました。どう考えてもにいちゃんにしてみりゃ僕は怪しかったはずです。

 きゃ。

 だからイタ公はいやです。過去3回程行きましたが、サングラスや電子辞書など、小物ばっかり奪っていきます。特にくそったれな街はミラノです。みなさん、ミラノのイタ公には十分ご注意ください。

 ははん。
クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ちなみに、あとでNanetteちゃんにこの話をしたら、実はパリでは有名な詐欺師であることが分かりました。
皆さんも気をつけるか、あるいはこの詐欺師を既知の場合はおちょくるかしてあげて下さい。例えば「そんなに困っているなら、いまこの携帯電話で、近くの警察に連絡してあげるよ。うん、そうだ、それがいい」云々。



 
[PR]
by hiramette | 2009-06-30 01:28 | 日常

みんな、ただいま!

 こんにちは。お久しぶりのF氏です。

 いやあ、更新が遅れてしまって申し訳ありませんでした。

 5月23日に学会が終わり、双子の兄貴の淳平ちゃんにも会い、フランスでの親友で、現在は東京にお住まいのKさんとの居酒屋バトルも終了して、ほっと一息のところだったのですが。。。

 ハウスダスト!

 僕は、もともと極度のアレルギー体質で、日本に帰る度にやられていたんですが、今回はそうでもなくて、気を抜いていました。ところが。

 くしゅんくしゅん、もうとまりません。フランスに帰ってからも結構ひどいのが続いて、更新もままならなかったのです。ごめんなさい。

 とはいいつつ、久し振りの日本、随分楽しませて頂きましたよ。久し振りにおばあちゃんにも、両親にも、べるちゃんにも逢えたし、京都ではNanetteちゃんにも逢えたしね。Nanetteちゃんの師匠のN先生にも地下鉄四条駅で会えたし(笑)。いやあ、実に楽しい日本滞在でした。

 コチラは、帰国当日のべるちゃん。どうもありがとう!

b0169024_5423097.jpg
b0169024_542555.jpg
b0169024_5432766.jpg
b0169024_5435070.jpg


という訳で、現在無事パリです。パリのみんな、また遊んでね!

 しかし、ホコリというか、なんか鼻がくしゃんくしゃん言うてたまったもんじゃありません。フランスでこのような事態に出くわしたこともないので、多少困惑気味です。

 にもかかわらず! 早速競馬場に足を運んで来ました。日本滞在中も、京都で天皇賞、府中でオークスを見ましたが、やっぱりフランスの競馬はのどかで最高です。オリビエも、ルメさんも、おお、久し振り、元気だった、と声をかけてくれて、ああ帰ってきたなとほっとしたのでした。フランスの雰囲気、やっぱり大好きです。

 
b0169024_5512724.jpg
b0169024_5515522.jpg


あとすごかったのは、我が友ジャンポールガロリーニ厩舎のリメンバーローズちゃん。なんとパリ大障害を勝ってしまいました。フランス1大きな障害のレースです。すばらしい!本当におめでとうジャンポール!明後日ぐらいに彼のうちに行く予定です。

 ところで、ここから笑い話。

 実は長年フランスに住んでることから、結構しゃれにならない悪癖ができてしまったのです。

 それは、フランスで日本語を堂々と話してしまうというもの。どうせわからんやろから、かまへんやんと言う訳です。

 たとえば、どっかの店に行ったとき、値段を見て「たかっ」と叫ぶ。

 電化製品の店にいって、ソニーやシャープなど日本製品ばかり並んでいるのを見て、

 「勝った」

 とつぶやく。当たり前のようにやっていました。

 ところが。。。

 先日、久し振りに日本に帰って同じことをするという大失態をしでかしました。

 場所は五月初めの四条大橋。

 弁慶と見間違える程の大きな女性が僕の前を通り過ぎました。

 しかし、彼女の服装、どう見ても見てくれと言わんばかりのセクシー路線。いや、それを通り越して、胸近辺はポルノ寸前です。

 そこで、僕の悪癖が出てしまいました。ふだんフランス人に向かってどうせわからんやろ、と言う感じでいっていたので、自然に口からでてしまったのです。

 「ねえちゃん、ほとんど見えとるやないか」

 実はその人の横には、彼が!まるで牛若丸のように、ひらりと振り向き、思い切りにらまれました。きゃ。

 いやはや、この悪癖どうにかしたいもんです。

 ちなみに、Nanetteちゃんのブログでは、僕がフランスで女の人に良く間違われるというのが紹介されているのでご存知の人もおおいかと思いますが、昨日サンクルー競馬場のトイレでも。

 「あ。すいませんマダム」

 と、おばさんに言われたので、

「いえいえ」

 と男声で返事したにも関わらず、また

 「マダムごめんなさい」

 なんぼほど間違えるんやと思ったら、トイレを出てから驚愕の事実。

 僕がいたのは、女子トイレでした。

 競馬場に女の人なんて少ないので、ついついうっかり、、、

 ってほんとすいません。

 きゃきゃ。

 これからもフランスからのブログをお楽しみに!

クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-06-03 06:10 | 日常
図書館にいってきました。

図書館にはパソコンもあって、個人で持っていない人が毎日カタカタとやっています。
 
 先日の夕方、本を読んでいると、向かいにやたらとカタカタ音を鳴らしてパソコンを打っている、攻撃系タイピングのお姉さんがいました。すると、その横にいて僕と同じように本を読んでいた神経質そうなおねえさんが突然キレ気味になり、

「ちょっと姉ちゃん、かたかたうるさすぎれやんけ
(意訳)!」

 とお怒りになりました。するとそのパソコンカタカタお姉さんは逆ギレ!

「だってピアニストなんだもん(直訳)!(Parce que je suis pianiste!)」

 と意味不明な返答。僕一人で爆笑。ピアニストさんは攻撃的にカタカタするもんなんかね?すげー理由。

 今度、つこてみたろ。別にピアニストじゃないけど。そして、ヨーロッパ系ピアニストのエスプリに浸ってみよ(勘違い)。
 
 えへ。

クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-04-19 09:38 | 日常

上島珈琲

 こんにちは。今日はまた飯を食うためだけの費用を稼ぎにバイトして来たF氏です。

 今日はパソコンにある文書のシゴト。大したことは何一つしていません。でも僕に指示をする方が50代後半の女性。パソコンが足りなくて、僕のために一台だけ設置して頂きました。ネットは繋がっていません。

 と、その女性ホームページを参照しなければならんと、インターネットに接続することを要求。でもね、ページを見るだけやったら、ワードにでもエクセルにでも落としてみればええんですよ、だからほら、USBメモリーにデータを入れましょうかと女性に言いました。

 するとその女性。

 「じゃあ、そのUCCとか何とかでいきましょう」

 と快諾。コーヒーかい、と突っ込みを入れたくなったけど、そこはまあオシゴトということで沈黙。

 その後、違う部署に彼女がUSBメモリ―を借りに行ったのですが、伝わらなかったらしく、戻ってこられました。
 そら、フランス人にUCCくれ言うてもあかんやろ、おばちゃん。

 ちなみにお昼休みは、サンドイッチ代も馬鹿にならんからということで、Nanetteちゃんが丁寧につくってくれたサンドイッチを公園で、同じバイトの方といただきました。

 しかし、先週温かかった気候は一変、本日寒うございます。仕方なく二人でカフェへ。コーヒーを注文。ところが、まかり間違って、由緒あるカフェに入ってしまった模様。1880年代創業は立派ですが、コーヒー一杯5ユーロは頂けません。600円は高いやろ、ろっぴゃっけんは。せっかく昼飯をタダにとサンドライッチを持参させてくれたNanetteちゃん申し訳ないです。

 コーヒーを笑う者はコーヒーに泣くというお話です。

 きゃ。

クックリお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]
by hiramette | 2009-03-28 05:43 | 日常

F氏の立てこもり事件

 今日は。きょうはフランス国立図書館に行って来たF氏です。でも、着ていく服を選んでいる最中に、何時も着ているNanetteちゃんからもらったカーディガンが縮んでいたことに気が付きました。こないだ洗濯機で洗った上に20分乾燥機にかけてしまったからです。我ながら阿呆です。け。
 どないやったらまた着れるんやろかと思案した挙げ句、手で引っ張ってみましたが、あまり広がらず。時間もないので仕方なしに、窮屈なままの服を着て図書館に行きました。
 でも、勉強していてもキツい服はやっぱり気になります。っていうか肩も腕も痛いんじゃあほ、と多少不機嫌に。けけ。
 ということで、また思案。どうしたら、服が伸びるかと考えた挙げ句、多少アクロバティックな解決策。即ち、トイレに行って、カーディガンを足から履き便座に座って、服を伸ばすという方法。恥ずかしいけど誰にも見られないからいいんです。
 と思ってトイレに入り、下半身恥ずかしい恰好でふふんと思っていた矢先。掃除のおばちゃんがきよった。ぎゃん。おばちゃん、他のトイレの掃除すませ、僕のトイレの扉を叩き、Il y a quelqu'un ? (だれかおるの?)としつもん。「だれかおるよ」と返答。
 おばちゃん、シゴトができず退散したかに思えたのに、5分程して再来。こないで。
以下は仏語でなされた会話です(関西弁に意訳)。

  おばちゃん:「だいじょうぶ?」
  ぼく:「大丈夫」
  おばちゃん:「いうても、結構ながいやん」
  ぼく:「ぼくにとってはながないんです」
  おばちゃん:「まあ」

 このような、他愛のない会話をしている時のトイレの中の僕の恰好はこんな感じでした(イメージ、NANETTEちゃん撮影)
b0169024_801571.jpg


 アーメン。

 哀れな子羊に祈ってやって下さい。


クックリお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]
by hiramette | 2009-03-26 08:02 | 日常

初めまして!

こんにちは、みんなブログみたいなんやっとるから、僕もちょっとやったろかしらんとおもて、書いてみました。
現在いわゆるフランスのパリに住んでいまして、冗談ではなく、ホントに毎日「凡ジュール」などと言いながら暮している毎日なのであります。趣味はワインに料理などと書けば聞こえは良いのですが、ただ単に飯を食い、酒を飲むのが好きなだけで、はっきり言って誰よりもエンゲル係数が高い自信があります。あと、競馬にもとても興味がありまして、お金は賭けませんが、騎手や調教師の先生ともお友達だったりするので、そちらにご興味がある方にも見て頂けると幸いなのです。皆に明るいと言われますが、本当は空元気です。好物は平目です。くわばらくわばら。きゃ。

クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-03-23 05:05 | 日常