料理にワインに競馬に文学。F氏のフランス滞在期


by hiramette

凱旋門賞2009:不運と奇跡の復活 !!!


 昨日から今日にかけて、フランス競馬界で信じられないことが、立て続けに起こったので、ご報告します。

①クリストフ・ルメール騎手負傷
 金曜日にサンクルー競馬場で行われたアラブ種のレースで、1番人気だったクリストフ・ルメール騎手の馬が、スタート300メートルで急に故障し、騎手は落馬。全治2週間の怪我を負いました。これにより、一年で最も重要な凱旋門賞の土日のすべての騎乗をキャンセルしなければならなくなりました。今年は特に無敗の三歳牝馬スタセリタちゃんで勝利のチャンスがあっただけに、非常に残念です。凱旋門賞のためにわざわざフランスに来てくれた玄米茶さんには、まことに申し訳ないです。一日も早くターフに帰ってきてくれる日を待っています。実はこの日僕はNanetteちゃんとサンクルーに行っていましたが、用事があって途中で帰りました。その直後に起こったアクシデントだったということを、今日の昼に知り、ものすごくショックを受けました。

②スミヨン・復活!
 9月はじめにナンシーで重症を追った天才騎手、クリストフ・スミヨンはこの土日、競馬専門チャンネルのコメンテーターとして働く予定でした。ところが!なんとルメさんが騎乗できなくなったことにより、ルジェ調教師がスミヨンに騎乗を依頼。全治4ヶ月と言われていたのに、なんと一ヶ月弱でカムバックするという、奇跡的な復活を遂げました。みんなが拍手で迎え入れ、競馬場は騒然としました。ルメさんが怪我してこうなったのだから、はっきり言って複雑な気持ちでしたが、スミヨン騎手のいない競馬場はやはり寂しかったので、彼の復活はうれしかったです。今日は2レースに騎乗し、なんと2レース目のG2で騎乗したタマジルトちゃんでは見事勝利しました。会場のみんなから暖かい拍手で迎え入れられ、とても感動したF氏でした。明日どの馬に乗るかはまだはっきりしていませんが、凱旋門賞のルメさん騎乗の予定だったスタセリタちゃんにスミヨンが乗る可能性があります。そうなってもし勝ってしまったら3歳牝馬で2年連続優勝というとんでもない記録を打ち立てる可能性があります。明日もスミヨンの騎乗には要注意です。

③ドミニック・ブフ騎手フランス通算2400勝達成!
 第7レースでルメール騎手に代わってパイプドリーマーに騎乗したベテラン、ドミニックブフ騎手がフランス2400勝を達成しました。おめでとうございます。超一流のプロ精神をもつブフ騎手はフランスの騎手の誰もが尊敬する存在。一年でも長く、騎手として活躍してもらいたいものです。

④本日の結果
 さて、今日はG1のレースがひとつありました。メインレースのフォレ賞です。一番人気はヴェルテーメール兄弟所有のゴールディコヴァちゃん。いわずと知れたマイルの世界チャンピオンです。ところが今日は1400メートルと距離が短く、しかもあまり得意ではないロンシャン競馬場。1分19秒台という好タイムをマークしながらも2分の1馬身差の3着でした。残念ですが、次のブリーダーズカップに期待しましょう。その他の結果は以下の通りです。ルメール騎手は7レースすべて乗り代わりになりましたが、なんとそのうちの5頭が勝利しました。ルメさんにとっては非常に苦い一日になったでしょう。とにかく一日も早い回復を期待しましょう。

今日の主な結果

第2レース:ショドネー賞G2
1着 マニガー(モッセ)
2着 ロス・クリスチャノス(ユエ)

第4レース:フォレ賞G1
1着 ヴァレナール(パスキエ)
2着 スイート・ハース(モッセ)
3着 ゴールディコヴァ(ペリエ)

第5レース:ロワイヤリュー賞G2
1着 ダルヤカナ(モッセ)
2着 パンチュール・ラール(クラスチュス)
3着 プリュマニア(ペリエ)

第6レース:ダニエル・ヴィルデンシュタイン賞
1着 タマジルト(スミヨン)

第7レース:ドラー賞G2
1着 パイプドリーマー(ブフ)
2着 グリドグリ(モッセ)
3着 フェイマスネーム(スミューレン)


いよいよ明日は凱旋門賞。たくさん写真もアップします。
どうか応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-10-04 07:34 | 競馬