料理にワインに競馬に文学。F氏のフランス滞在期


by hiramette

私、脱いだらすごいんです

急に暑くなったかと思えば、またすぐに寒くなって、過ごしにくいったらありゃしないパリの今日この頃。

先日、暑い日、シャルルドゴールエトワールの駅で、所謂半ケツ状態の女性を発見。暑いからかものすごい薄着をしていて、ズボンからパンツの一部がはみ出しているのです。しかも、俗にいうTバックを穿いている女性。ショッキングピンクの線が見えていて、目のやり場に困っていました。

すると、後ろから来た別のお姉さん。

「あら、あなたパンツ見えてるわよ」

と指摘。まるで、「ハンカチ落ちましたよ」ぐらいの、さらっとしたノリで。
慌てるでもなく、あっそう、という感じでズボンを上げるおねえさん。別に見えてたことも気にしてなかったよう。

しかし、全然見知らぬ人にパンツ見えてますよ。と指摘するのってなんかすごい。日本なら普通分かっていても黙っているところ。すげ。

それにしても、フランスはTバック率が高いようです。以前友人が言っていました。

「いやー、大学に行きまして、隣の女性がしゃがんだんですが、そのときジーパンのあいだから、Tバックが見えたんです。僕は衝撃を受けました。だって、全然おしゃれじゃなくて、Tシャツに安いジーパンを穿いている、メガネをかけた真面目そうな女の人ですよ。Tバックですよ。」

そんなのは紋付袴でスケボーをするのと同じぐらい不釣り合いだと言いたげでした。「私脱いだらすごいんです」を実行に移したいのでしょうか?それとも、フランスでは生地の少ないパンツを身に着けるのが、習慣化しているのでしょうか?

あと、どうでもいいけど、何でフランス人の女の人はあんなに声が低いんでしょうか?

誰か教えて下さい。

きゃきゃ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
実家に帰った際、パンツを買いに行った際に「パンツ3P、480円やすいで!」と叫ばれたF氏に悲哀のクックリお願いします
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

[PR]
by hiramette | 2009-08-10 02:59 | 日常