料理にワインに競馬に文学。F氏のフランス滞在期


by hiramette

ドーヴィル旅行記③-歴史的な午後-

 さて、前回の引き続き。

 第4レースはG3カブール賞。二歳の1200メートル直線です。去年はシルバーフロストちゃん(今年の仏2000ギニー優勝馬)が勝ったレースですが、今年はわずか5頭立て。スミヨン騎手の騎乗の2歳女の子ソルシエール(Sorcière、日本語の意味は「魔女」)ちゃんが一番人気になりました。

 
b0169024_231915100.jpg


 が、勝ったのは2番人気、ギュイオン騎手騎乗のザンジバリちゃん。ギュイオン騎手はこの日3勝で、リーディング3位のスミヨン騎手にかなり近づいてきました。まだ20歳なのにもう199勝。200勝まであと1勝です。ルメさんのボルトシティーちゃんは4着に敗れてしまいました。

b0169024_23231658.jpg



 そしてこの日のメイン、ロートシルト賞です。この賞はおととしまで「アスタルテ賞」という名前でした。牝馬限定のマイルで、3歳と古馬の初直接対決です。ディフェンディング・チャンピオンのゴールディコヴァちゃんが圧倒的1番人気。今日はPas seule ちゃんではなく3歳のOnly Greenちゃんがペースメーカーとして登場です。

 こちらはゴールディコヴァちゃん。久しぶりの再開です。やはり4歳になって体がしっかりしてきた感じがします。

b0169024_022510.jpg

b0169024_23454971.jpg


 オンリーグリーンちゃんはブリンカー着用です。

b0169024_23472976.jpg


 こちら、パスキエ騎手騎乗のプロヴィゾちゃん。
b0169024_034717.jpg


 レース3日前にして追加登録したレディーマリアンちゃん。去年のオペラ賞馬です。その後ゴドルフィンに買われて、今日はデットーリ騎手が乗ることに。

 
b0169024_06201.jpg


 スミヨン騎手はサプレーザちゃんで勝負です。

 
b0169024_091384.jpg


 そして、ルメさんは今年のフランス1000ギニー、プール・エッセイ・デ・プーリッシュを制したエリュージブ・ウェーブちゃんで勝負。少し荒れ気味でした。

 
b0169024_0123562.jpg


 ゴールディコヴァちゃんに乗って、パドックから馬場に向かうオリビエに「がんばって!」と声をかけました。すると、日本語で「大丈夫」と返してくれました。オリビエは慎重な人なので、余計なことは滅多に口にしないけれど、その「大丈夫」を聞いて少し安心しました。それにしても、僕なんて見てるだけでこれほど緊張しているのに、これから大レースに向かうオリビエは本当に落ち着いています。これから自分がすること、これから自分におこる近い未来に対して、「大丈夫」って他人に言えるってすごいことだと思います。さすがは超一流騎手です。

b0169024_017451.jpg


 ついにレースが始まりました。まずは予想通り、オンリーグリーンちゃんがペースメーカーになって、先頭に立ちます。ゴールディコヴァちゃんはその真後ろ、向かい風を避けるように2番手に陣取ります。先頭を行くオンリーグリーンちゃん騎乗のボニヤ騎手が時折、背後のオリビエの方を見てこのペースでいいか確認を取ります。エリュージブ・ウェーブちゃんはその後ろ。最後がプロヴィゾちゃん。

 ゴール400メートルをきると、オリビエのゴーサインが出ました。少しずつ手綱を動かすと、ほぼ馬なりで悠々先頭へ。

 Allez Olive!「行け、オリビエ!」僕は拳を握り締めて叫びました。

 オリビエが追い始めると、ゴールディコヴァは突き抜けるような速さで飛びました。後ろは必死に追っているけれど、まったく追いつきません。ゴール前50メートルをきると逆にオリビエは追うのをやめました。

 下の写真はレース中、ゴール20メートルぐらい手前。携帯でとったのに、自分でもびっくりするぐらいドンピシャのタイミングの写真です!

 
b0169024_028157.jpg


圧巻の完全勝利!2着エリュージブ・ウェーブちゃんとの差は1馬身半と出ましたが、オリビエは最後持ったままだったので、実際は3馬身はついている勝利。誰も何も文句の言えない、女王の走り。感動しました。

帰ってくるルメさんは、しかし納得がいった表情。3歳最強を改めて示したのだから、この負けは仕方がないという感じでした。

b0169024_0314336.jpg


ゴールディコヴァちゃんが帰ってきました。
「おめでとう!」と叫ぶとにっこり笑ってくれました。

b0169024_0333915.jpg

b0169024_0342021.jpg


こうして、ゴールディコヴァちゃんの2連覇が見事達成されたのでした。オリビエはこの日の最終レースも大外から差しきる見事な勝利。2勝して大満足だったのではないでしょうか。

b0169024_0364144.jpg

b0169024_0373552.jpg


翌日の記事を見ると、「女王ゴールディコヴァが歴史に名を刻む」という一面記事に、タイムが出ていました。1分35秒7。やや重の馬場だったのに、歴代二位の記録。しかも同一牝馬の3,4歳連続勝利は初めてだそうです。G15勝。これで、特に異常がない限りは間違いなく16日のグランプリ、ジャック・ル・マロワ賞に向かうでしょう。僕も必ず来ます。

こうして、歴史的な午後に、ドーヴィルに居られたという特別な幸せをかみ締めながら、僕は競馬場をあとにしたのでした。

おめでとうゴールディコヴァちゃん。
おめでとうオリビエ。

b0169024_0435760.jpg


ゴールディコヴァちゃんおめでとう!の1クックリお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

[PR]
by hiramette | 2009-08-04 23:47 | 競馬