料理にワインに競馬に文学。F氏のフランス滞在期


by hiramette

おいしいお寿司の作り方

 今日は、5000人突破記念でたくさんの記事をみなさまにお届けしたいと思います。

 F氏は以前東京のお寿司屋さんで、アルバイトをしていたことがありました。フランスに来てからも結構作るので、今日はそのレシピをご紹介。最近日本では「彼氏ごはん」というのが人気みたいですね。彼氏に作ってあげるごはんというやつです。僕もNanetteちゃんからいっぱいおいしいものご馳走になっていますが、僕も彼女にごはんを作って、食べてもらうのが好きです。そんなF氏の「彼女ごはん」をご紹介。彼氏あるいは彼女に喜んでもらうために、休日など腕を振るってみてはいかがでしょうか?

 前回チラッと見せたちらし寿司の作り方です(←オヤジギャクではありません)。

b0169024_474815.jpg
 

 材料(3~4人前)
 
 ごはん3合
 酢 大さじ3
 砂糖 大さじ3~4
 塩 小さじ2

 インゲン100グラム
 にんじん 小1本
 乾燥しいたけ 6枚 
 卵 2個
 焼きのり1枚
 白ごま 大さじ1

 えび(ゆでたもの)10匹
 スモークサーモン 1枚
 いくら 適量

 1酢、砂糖、塩をまぜ、炊き立ての固めのごはん(水やや少なめで炊く)に混ぜる。輝きを出すためにうちわで扇いで、そのまま冷ましておく。これが基本のシャリです。砂糖の量は多めにすると関西風に。ご調節ください。

 2インゲンは1センチぐらい、にんじんは2センチ長のあら千切りにして、歯ごたえが軽く残る程度に塩でゆでる。冷水でよく洗って、水を切る。

 3細かく切ったしいたけをしょうゆ大さじ3、みりん大さじ3、酒少々、砂糖大さじ1の中に入れ、弱火で煮て味をしみこませる。焦げたら台無しになるので、たまにかき混ぜて調節する。できたら覚まして、余分な汁を絞って取っておく。

 4錦糸卵を作る。お好みで砂糖を入れてもいいです。のりは盛り付けようにハサミで千切りにしておく。えびも皮をむいて食べやすいように4つ切り位に。スモークサーモンも2センチ角ぐらいにしておく。

 5酢飯にインゲン、にんじん、絞ったしいたけ、ごまを入れてかき混ぜる。その上に錦糸卵、きざみのりの順に載せ、最後にえび、いくらで飾り付けてできあがり!

※インゲンのかわりに絹さやがあればいいです。フランスではインゲンのほうが安いので。この場合、絹さやは小さめのものをゆでて、混ぜ込むのではなく、ごはんの上に飾り付けるといいです。

 お魚類で新鮮なのは、14区ダンフェール・ロシュロール駅近くのダゲール通りにある、Daguerre des marées がおすすめ。僕はここのマグロや鯛やいくらで、握りずしをたまに作ります。

こちらは過去に作ったものです。
b0169024_5121045.jpg
b0169024_5123533.jpg
b0169024_5125796.jpg


b0169024_482017.jpg


b0169024_484425.jpg


よっしゃ、このちらし寿司さっそく作ってみたろ、の1クックリお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

[PR]
by hiramette | 2009-07-28 04:04 | 食材