料理にワインに競馬に文学。F氏のフランス滞在期


by hiramette

りんご!

パリ、しゃれにならない暑さです。

家にいるだけで汗がだらだらだらだら。おかげで、こちらの動きも鈍っております。
しかも、パリは冷房がない。暑くて暑くてしかたありません。

だがしかあし!そんな灼熱地獄のパリにもオアシスのような場所が。

それが国立図書館(通称BN)

本を保存するためなんか、来場者のためか知らんけど、冷房が効いているので日中はここにいるのがいちばん。
勉強しない日でも、昼寝にいきたいぐらいです。

最近はNanetteちゃんが大忙し。もう少しで別の学会のために日本に一時帰国するので、その原稿を準備中なのです。

本人も疲れているらしく、それでも自分の決めたことをしっかり遂行しようと、ノーメイクでフラフラになりながら登場します。

お昼ご飯を食べた後、図書館内のカフェにいくと、急に「りんごがたべたい」とのこと。
ところが、38サンチーム(50円)しか、お財布にないと言うじゃあありませんか。
おお、なんと不憫なとおもったF氏は林檎一個(約120円)を買ってあげることにしました。

b0169024_6395672.jpg


しかし。食べにくそう。

b0169024_6513599.jpg


か、硬い。

b0169024_652429.jpg


仮にNanetteちゃんの後ろに写った、たまたま服装がボーダーでかぶっている、フランス人のおねえさんが同じりんごを食べた場合は、間違いなく皮なんて剥かずに、直接がぶり。それでニコニコしてこう言います。

皮もうまかぶぁい(想像)。

日本人でりんごの「ふじ」を、丸かじりしてる人なんていませんね。いたらかなりワイルドです。心の友になりたいです。

そんな訳で、顎がはずれそう、と言う理由で、林檎まるかじりを断念したNanetteちゃん。結局僕の手に戻って来ました。
結構腹一杯でしたが、せっかくなのでいただくことに。

ふはは、こんなもんちょろいわ。

b0169024_6561469.jpg


ワイルドにがぶり。

b0169024_6575512.jpg


調子に乗り過ぎて、噛んだ後の林檎に血がにじんでいました。

歯槽膿漏には気をつけたいと思います。

連日のブログ更新でネタが尽きて来たと思うあなたも
クックリお願いします。ブレイクの予感です。

クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-07-03 07:00 | 日常