料理にワインに競馬に文学。F氏のフランス滞在期


by hiramette

フランス競馬、アルクール賞、ノアイユ賞


フランス競馬ファンのみなさん、こんにちは!阪神競馬場では桜花賞が開催されましたが、パリも春競馬真っ盛りを迎えつつあります。先週はNanetteちゃんのお誕生日もあったので、なかなかご紹介できませんでしたが、今回は一挙2回に渡ってフランス競馬の模様をお伝えします。とはいえ、僕は賭け事としての競馬というより、好きなおうまちゃんを応援する立場で見ているので、多少の偏りはあると思いますが、その点はご了承くださいね。

 まずは、先週日曜日の4月5日の模様から。3月から始まったディマンシュ・オ・ギャロ(入場無料の日曜競馬)はまだまだ続きます。この日もキャンペーン中で、ポニーに乗っているたくさんの子供に会いました。もちろんこれも無料です。

b0169024_6254747.jpg


この日はフランスのプロラグビーリーグがスポンサー。ということでこんなポスターでした。

b0169024_6255562.jpg


ロンシャンにはメリーゴーランドもあります。かわいいでしょ?

b0169024_6262753.jpg


さて、本題の競馬ですが、まずはG2のアルクール賞(Prix d'Harcourt)から。古馬2000メートルのレースで4月26日のG1ガネー賞の前哨戦です。オリビエはヴェルテメール兄弟所有、アンドレ・ファーブル調教師のプロスペクト・ウェルズちゃんで勝負。この子は去年7月14日のパリ大賞で2着した、能力のある子だけど、気難しくて非常に乗りにくい子です。勝手に先に行きたがったりして、オリビエもいつも苦労してます。ということで今回初メガネ。ブリンカー着用です。通常350度もある馬の視界を狭めて、能力をあげるためのもの。

b0169024_6283919.jpg


 ところが、おばかちゃん、またまた道中ごねまくって無駄な力を使い、直線で伸びずに大負け。勝ったのは前走のエグジュブリー賞で負け、初めてオーストラリアンブリンカーをつけてのぞんだ伏兵トランコちゃんでした。最後は本当に良く伸びました。

b0169024_6305850.jpg


このレースは、昨年のフランスダービー覇者、ヴィジョン・デタちゃんも登場。3着でしたが、休養あけなので、まあまあの滑り出しではないでしょうか。次はガネー賞にくるでしょう。

b0169024_6313832.jpg


次の重賞はノアイユ賞。3歳2100メートルのG2で今年のダービーを占う意味で重要な一戦。

見事ルメさん騎乗のGrandcampちゃんが勝ちました。久々の勝利だったので、嬉しかったです。あとでおめでとうと声をかけると、笑顔で答えてくれました。

b0169024_6332961.jpg


最後の大きなレースはリステッド(オープン)のファンランド賞(ファンランドはフィンランドのことです)。オリビエは僕の大好きなアナ・アメリカーナちゃんに再び騎乗。去年の夏ドーヴィルで乗って以来かな?そのときも生で見ましたが、見事な勝ちっぷりでした。

b0169024_634967.jpg


 今回は2着でしたが、それでも次につながる良い競馬でした。

 次回は4月12日の模様をお伝えします。

クックリお願いします!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
[PR]
by hiramette | 2009-04-13 07:11 | 競馬