料理にワインに競馬に文学。F氏のフランス滞在期


by hiramette

上島珈琲

 こんにちは。今日はまた飯を食うためだけの費用を稼ぎにバイトして来たF氏です。

 今日はパソコンにある文書のシゴト。大したことは何一つしていません。でも僕に指示をする方が50代後半の女性。パソコンが足りなくて、僕のために一台だけ設置して頂きました。ネットは繋がっていません。

 と、その女性ホームページを参照しなければならんと、インターネットに接続することを要求。でもね、ページを見るだけやったら、ワードにでもエクセルにでも落としてみればええんですよ、だからほら、USBメモリーにデータを入れましょうかと女性に言いました。

 するとその女性。

 「じゃあ、そのUCCとか何とかでいきましょう」

 と快諾。コーヒーかい、と突っ込みを入れたくなったけど、そこはまあオシゴトということで沈黙。

 その後、違う部署に彼女がUSBメモリ―を借りに行ったのですが、伝わらなかったらしく、戻ってこられました。
 そら、フランス人にUCCくれ言うてもあかんやろ、おばちゃん。

 ちなみにお昼休みは、サンドイッチ代も馬鹿にならんからということで、Nanetteちゃんが丁寧につくってくれたサンドイッチを公園で、同じバイトの方といただきました。

 しかし、先週温かかった気候は一変、本日寒うございます。仕方なく二人でカフェへ。コーヒーを注文。ところが、まかり間違って、由緒あるカフェに入ってしまった模様。1880年代創業は立派ですが、コーヒー一杯5ユーロは頂けません。600円は高いやろ、ろっぴゃっけんは。せっかく昼飯をタダにとサンドライッチを持参させてくれたNanetteちゃん申し訳ないです。

 コーヒーを笑う者はコーヒーに泣くというお話です。

 きゃ。

クックリお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]
by hiramette | 2009-03-28 05:43 | 日常