料理にワインに競馬に文学。F氏のフランス滞在期


by hiramette

F氏の立てこもり事件

 今日は。きょうはフランス国立図書館に行って来たF氏です。でも、着ていく服を選んでいる最中に、何時も着ているNanetteちゃんからもらったカーディガンが縮んでいたことに気が付きました。こないだ洗濯機で洗った上に20分乾燥機にかけてしまったからです。我ながら阿呆です。け。
 どないやったらまた着れるんやろかと思案した挙げ句、手で引っ張ってみましたが、あまり広がらず。時間もないので仕方なしに、窮屈なままの服を着て図書館に行きました。
 でも、勉強していてもキツい服はやっぱり気になります。っていうか肩も腕も痛いんじゃあほ、と多少不機嫌に。けけ。
 ということで、また思案。どうしたら、服が伸びるかと考えた挙げ句、多少アクロバティックな解決策。即ち、トイレに行って、カーディガンを足から履き便座に座って、服を伸ばすという方法。恥ずかしいけど誰にも見られないからいいんです。
 と思ってトイレに入り、下半身恥ずかしい恰好でふふんと思っていた矢先。掃除のおばちゃんがきよった。ぎゃん。おばちゃん、他のトイレの掃除すませ、僕のトイレの扉を叩き、Il y a quelqu'un ? (だれかおるの?)としつもん。「だれかおるよ」と返答。
 おばちゃん、シゴトができず退散したかに思えたのに、5分程して再来。こないで。
以下は仏語でなされた会話です(関西弁に意訳)。

  おばちゃん:「だいじょうぶ?」
  ぼく:「大丈夫」
  おばちゃん:「いうても、結構ながいやん」
  ぼく:「ぼくにとってはながないんです」
  おばちゃん:「まあ」

 このような、他愛のない会話をしている時のトイレの中の僕の恰好はこんな感じでした(イメージ、NANETTEちゃん撮影)
b0169024_801571.jpg


 アーメン。

 哀れな子羊に祈ってやって下さい。


クックリお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]
by hiramette | 2009-03-26 08:02 | 日常